神戸市西区社会福祉協議会 お問い合わせ

地域福祉活動支援

地域福祉ネットワーカー

「つなぐ・ひろがる・支えあう」
さまざまな生活課題に対し、関係機関や地域住民の皆さんと協力・連携しながら、
解決に向けた支援を進めています。

地域見守り活動の推進運営

制度の狭間など既存の制度やサービスでは解決できない課題について、地域の皆さんと一緒になって解決に向けたネットワークづくりを行う専門職です。
他都市では、コミュニティ・ソーシャルワーカー(略称:CSW、住民と協働する個別支援ワーカー)と呼ばれることもあります。
西区社協では、平成24年4月より1名の地域福祉ネットワーカーが配置され、また平成28年4月より2名体制とし、活動を強化しています。

代表的な活動内容(他区分を含む)

代表的な活動内容(他区分を含む)

今までの制度や支援体制では、解決が難しかった課題の解決に向けて取り組みを行っています。

  • ○ひきこもり世帯への支援
  • ○障がい者の居場所づくり
  • ○「ごみ屋敷」の解消への支援
  • ○外国籍の子どもたちへの学習支援
  • ○障がい当事者のネットワーク化
  • ○買い物困難地域への支援

地域福祉ネットワーカーの信念

地域福祉ネットワーカーの信念

  • ○地域住民や地域での活動者の声に耳を傾けます。
  • ○地域住民の主体的な活動を大切にします。
  • ○誰もが住みやすい共生のまちづくりに寄与します。
  • ○課題に関係する専門職や関係者のネットワークづくりを進めます。
  • ○新たな社会資源や支え合い活動を創出します。
  • ○複合する福祉課題や地域共通の福祉課題を包摂の姿勢で受け止めます。
  • ○個別の福祉課題が新たな地域の福祉課題ではないか注視します。

7つの機能

7つの機能

  • ○相談窓口機能
    本人や家族はもとより近隣住民からの「気づき」の相談をお受けします。
  • ○ニーズ把握機能
    福祉課題をさまざまなチャンネルを通じてキャッチします。
  • ○問題解決機能
    制度につないだり住民・専門職につないだり、解決に向けた取り組みを進めます。
  • ○地域住民へのエンパワメント機能(自らの力で問題や課題を解決していくことができる力)
    福祉課題をお互いさまの意識でとらえられるよう地域住民へ働きかけ支援します。
  • ○地域組織化機能
    課題へ対応するとき関心のある住民や当事者の組織化を進めます。
  • ○ネットワーキング機能
    課題に対応する住民、専門職など関係者のネットワークづくりを進めます。
  • ○地域の支援システム構築機能
    課題の解決や予防に向けた地域での支援システムやしくみづくりを進めます。
  •  >> 取り組み事例集

地域福祉ネットワーカーに聞く!

(話し手:西区社協 地域福祉ネットワーカー)

どんなことに重点を置いて仕事をしているのか?

従来の制度だけでは解決できないケースについて、地域の方々と関係者や機関が情報を共有して、協力・連携した「ネットワーク」で解決ができがないか・・・、を考えながら支援に関わっています。

苦労したことは?

地域や関係機関の方々に名前と役割を知っていただくことです。
新しい役割の仕事なので、初めはみなさんに知っていただくために、地域の会合や行事、関係機関の会議等に出席し、たくさんの方々にお会いしてお話ししました。
「顔の見える関係」ができ、何度か話して、小さなことでも一緒に何かに取り組んで初めて「頼り・頼られる関係」につながっていくと思います。
今後も時間を作って、地域の方々に知っていただけるよう会合や行事にどんどん参加していきます。

どのようなことにやりがいを感じるか?

地域の方から「相談して良かった」と言ってもらえたときです。
また、支援に関わっていく過程で、長い間変わらなかった状況が、関係者や機関が協力・連携することで生まれた新たな力によって、解決に向けて「動き出す瞬間」に出会うことが出来たときです。

今後取り組みたいことは?

地域には、たくさんの「困りごと」「悩みごと」があると思いますが、どこに相談すればいいか分からず、抱え込んでいたことが、誰かと一緒に考えていくことで新たな道ができ、負担が少なくなることがたくさんあると思います。
そういった「困りごと」「悩みごと」を地域の方々と共に一緒に考え、関係者や機関と協力・連携しながら、一緒に汗を流して解決していきたいと考えています。
そのためには地域の様々な変化に気付き、発信していただくことが必要です。地域のみなさんからのご相談をお待ちしております。